カーリースとは

カーリースは、時代が求める合理的な「自動車利用システム」です

必要な時に必要な外部のシステムを利用する、今や企業経営の効率化には「アウトソーシング」の発想を欠くことはできません。
カーリースはクルマの購入時に必要なまとまった資金や維持にかける手間を省きながら、クルマの便利さだけを利用できる理想的なシステムです。
トヨタレンタリースはアウトソーシングの発想で時代のニーズに的確にお応えする、まさに貴社のビジネスパートナーです。

月々一定のお支払いでおクルマをお使いいただけます!

カーリースの仕組みをひとことで表現すれば、「資産として所有することなく所有と同じように利用できる」システムです。
お客様は、ガソリン代、駐車場代と月々一定のリース料のお支払いだけで、自由にクルマをご使用いただけます。

車検、保険、メンテナンスなどを自由にパッケージできる「オーダーメイド商品」です。

車検、保険、メンテナンスなどを自由にパッケージできる「オーダーメイド商品」です。

リース車両は、豊富なトヨタ車のバリエーションの中から、お客様のビジネスニーズにあったクルマをお選びください。また、カーオーディオなどのオプションや社名塗装などの特別架装も自由にご選択いただけます。
カーリースの効果を最大限に引き出すためにも、すべてトヨタレンタリースまかせの「メンテナンスリース契約」がベストです。保険内容やメンテナンスの内容についてはお客様のご要望に合わせてご選択いただけます。

リース満了後の予定残存価格を差し引いて、リース料を算定。

リース満了後の予定残存価格を差し引いて、リース料を算定。

OA機器などに代表される一般のリースでは、ほぼその資産価値を全額償却する前提でリース料が計算されています。
カーリースの場合は、あらかじめ中古車予想価格にあたる「予定残存価格」を差し引いてからリース料を設定します。したがって、合理的なリース料の算定といえます。

リース料の計算方法

リース料の計算方法

すべての費用から予定残存価格を差し引いた「リース料総額」をリース月数で割ったものが月額のリース料になります。ご契約の車種・契約内容によって実際のリース料は異なります。

リース期間の設定

リース期間は一般的に「3~5年」が主流となっています。リースは契約途中で期間の変更や解約ができないことになっておりますので、お客様のご都合に合った期間をあらかじめご検討ください。

クルマから経営を合理化を。トヨタレンタリースがプランニングいたします。

トヨタレンタリースでは車両代、税金・保険にメンテナンスやさまざまなサポートを加えた契約「メンテナンスリース」をお勧めしています。また、車両代、税金・保険までのシンプルな契約「ファイナンスリース」もご用意しております。
※リース期間の設定やリース料の算定などは直接スタッフへお問い合わせください

メンテナンスがセットされています

メンテナンスがセットされています

※車輌保険付保時

クルマ以外のリースでは、その物件のみのリースが一般的ですがカーリースでは、
(1)「メンテナンスリース」:車両代、税金・保険に車検・法定点検や

  オイル交換・タイヤ交換等のメンテナンス項目を加えた契約
(2)「ファイナンスリース」:車両代、税金・保険までの契約

 

があります。

カーリースのメリットがより顕著に現れることから「メンテナンスリース」が主流になっています。

 

※各項目は、契約内容により含まないものもあります。あくまでも一般的な例であり、実際の契約内容によりいろいろな組み合わせが可能です。

所有車両のように自由な使用が可能です

所有者のように自由な使用が可能です

※車両全損等によりやむを得ず解約する場合は

規定損害金のお支払いが必要となります

ちょっとクルマを使うというレンタカーに対し、カーリースはお客様専用車として長期間継続して自由にご使用いただけます。さらに一歩進んだ使用方法として、カーリースに加えて、繁忙期はレンタカーを併用する方法もおすすめします。

繁忙期の車両不足をレンタカーで補えば、リース車は必要最低限の台数に抑える事ができ、コスト削減に繋がります。

WEB予約
PAGE TOP